FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.01.22

On a snowy day

 雪が降り始めたのは午後1時だった。
 同じ時刻から始まった打ち合わせは、午後2時30分に終了した。

 打ち合わせを終えてデスクへ戻ると、どういうわけか、私の課の人数が目に見えて減っていた。隣のデスクの社員に尋ねる。
「何かあったの。人が少ないみたいだけど」
 彼女は窓際を指さしながら答えた。
「みんな、雪が気になるみたいです」
 窓際には、雪を眺めながら雑談をする社員の姿があった。どうやら雪はそれなりに積もっているらしい。何人か、既に退社した社員もいるようだ。その筆頭は課長で、午後1時を過ぎた段階で会社を飛び出したらしい。尊敬すべきところだ。
 
 東京では雪が降ると電車が止まる。止まった電車は一晩は動かない。だからこういう時には、各自の判断で退社して構わない。それが私の会社の方針だった。
 私の家も、職場からは割と遠い。電車の運行状況を見てみると、運休も出始めているようだった。考える間もなく、退社することに決めた。
 書類を適当に片づけて、アルコールティッシュでデスクを拭き上げた。コートを着て、「おつかれさま」と言いながら職場を出た。

 そうして定時よりもずっと早く家に帰り、窓の外に雪を眺めながらワインを飲んでいる。
 今日私が知ったことは、雪は電車も仕事も止めてしまうということと、コノスルのロゼワインは悪くない、ということだった。
この記事へのトラックバックURL
http://arukusan.blog.fc2.com/tb.php/225-5966037f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。