FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.30

Winter makes

 予算策定の仕事を適当に終わらせて、オフィスを出た。
 車のシートに身を落ち着けて、窓を開ける。煙草に火をつけて、溜息混じりに煙を吐いた。私が日記を書かなくなっているうちに、いつしか空気も風も、真冬のそれになっていた。窓から吹き入る鋭い風が頬を刺す。

 このところ、幾つかの変化があった。
 ひとつには、仕事をしていると、「恐い」と言われることが多くなった。私は何かに苛立っているのかもしれないし、そうではないのかもしれない。どちらでもいいことだ。ただ、そう評されることも気にならなくなる程度には、仕事に対する興味を失っている。それは確かだ。

 いまひとつには、文章を書いていて自問することが多くなった。自問しては、書きかけた文章を消去してきた。
 誰へ、何を伝えたいのか。
 そう。一体、誰へ向けて? 居るのか分からない読者へ? または、鬼籍に入った「彼女」へ? 何を? 限りない共感と絶望を。限られた言葉で。馬鹿馬鹿しい。


 駐車場から、街の姿を眺めた。
 日が暮れて、一気に気温が下がったようだった。気の早いクリスマスイルミネーションが、かたく凍てついた街を彩っている。LEDの青い光が照らし出したビルの姿はまるで、鉱石のように淡く冷ややか。それは私に、ボンベイサファイアのボトルを思い出させた。死んだ幼馴染が好んだ、蒼色のボトルのジン。

 変わったことの3つめ。
 苦手だったそのジンを、最近ようやく好きになれた。もちろん、いつでも手の届くところには、まだ置けないけれど。

 今夜は日本酒でもあけよう。軽い、果物のような香りのする日本酒なら何でも良い。それでボトルの色が青色なら、もう言うことはない。そんな日本酒はあっただろうか――。

 ひとつだけ、思い当たった候補を頭に浮かべて、私は車のエンジンをかけた。アクセルを踏むと、イルミネーションの光が車窓の後方へ走り抜けてゆく。その光跡をサイドミラーに追いながら、私はほんのすこし、頬が緩んでいる自分に気づいた。
この記事へのトラックバックURL
http://arukusan.blog.fc2.com/tb.php/211-27d2f239
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。