FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.30

Nikolaschka

 ポール・ジローとコアントロー、レモンをキッチンから持ち出してソファに腰掛けた。疲れて、他に何をする気にもなれなかった。
 原因は1週間ぶりの仕事だ。朝9時から夕方5時まで、真面目に働いたらどっと疲れた。元々、自分自身が適当な性格であることは自覚している。真面目に働いたら疲れるのは、だから当たり前だ。

 ソファに半分倒れ込むように腰を下ろしておいて、傍にあるシェイカーを引き寄せた。目の前のテーブルには、レモン。サイドカーを作るのは、これからこのレモンを搾ってジュースにして、シェイカーに入れて――と考え出すと、途端に面倒になった。
 何か別のカクテルにしようか、と考える。もともと、サイドカーを作ろうとしたことに大きな意味はない。ただそこにブランデーがあってレモンがあって、コアントローが目についた。それだけ。

「なにか、別のカクテル」
 そう呟いて、少し考えてみた。条件は、簡単な材料を使って、簡単に作れて、美味しいこと。疲れ果てた頭で良い案が浮かぶはずもなく、ぼんやりと窓の外に目を向けた。
 外は雨。冷たい風の吹く夜に、音のない雨が降っている。いや、降っているという表現は適切でない。音も色も無い細い雨粒は、この夜に溶け込みながら、天空の月光を滲ませている。

 滲む雨。ニコラシカ。何の脈絡もなく、そのカクテルの名前が頭に浮かんだ。ふと思いついたそのカクテルは、偶然にも今求めている条件を全て満たしていた。

 コアントローのボトルをキッチンに戻しておいて、代わりに上白糖を持ってきた。
 ソファに身を預けながら、果物ナイフでレモンの輪切りを一枚、切り出した。ブランデーグラスにポール・ジローを注いで、輪切りのレモンをグラスの縁へ乗せる。ちょうど、ブランデーグラスに蓋をするように。そしてその蓋となったレモンの上へ、小さく砂糖を盛る。それで、完成。横から眺めると、ブランデーグラスが帽子をかぶったようにも見える。

 このカクテルの飲み方を一目で見抜ける人は、そう多くない。したがってバーでオーダーすると、妙に注目されてしまうことになる。飲み方としては、砂糖を挟むようにレモンを二つ折りにして口の中へ。そのあとでブランデーを一気に呷るのが正しい。――私の中では。

 そうやってニコラシカを一息で空けてしまったあとで、私は気付く。滲む雨がニコラシカを思い出させた理由。それは、レモンの果肉へ滲み始めている砂糖を眺めながら過ごした、いつかの雨降りのバーでの記憶だったということを。

 思い出さなければよかった。

この記事へのトラックバックURL
http://arukusan.blog.fc2.com/tb.php/200-7efb197a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。