FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.04

Cooking

買い物を済ませて帰る。玉ねぎとニンジン、少しばかりの牛肉を手に帰宅した。

ワインを飲みながら料理をした。
鍋にバターを溶かす。火にかけたバターから立ち昇る濃厚な香り。そこへ玉ねぎを投入。キツネ色に色づいたら牛肉とニンジンを入れて軽く炒める。料理に手間はかけない。料理もワインも、シンプルなものが好きだ。
グラスに注いだワインは、コノスル・カルメネール。チリの赤ワイン。ピーマンや黒胡椒を思わせる、スパイシーな香りが酔わせてくれる。安価なワインながら価格以上の価値を有する点は、識者の見解が一致するところだった。ボトルを鍋の上で傾けた。規定の量を遥かに超えた赤ワインが鍋に注がれる。私の作るビーフシチューが、玉ねぎの赤ワイン煮のようになってしまう理由は多分こういうところにある。

30分もかけずに作った手抜きのビーフシチューを食べながら、赤ワインを使ってカーディナルを作った。
今夜の大津町には涼しい風が吹いている。涼やかな夏を告げる風を受けながら、私は冷蔵庫を開けてジンとライムが冷えていることを確認した。グラスに残りのワインを注いで、レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』を開いた。いつも通りの土曜日だった。ギムレットを作る準備は既に出来ていた。
この記事へのトラックバックURL
http://arukusan.blog.fc2.com/tb.php/125-a7f9b466
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。